食の安心・安全を考えた
環境に優しい、こんにゃく種芋(生子)消毒!

こんにゃくでは種芋伝染する重要病害虫が多く、無病の種芋の確保は最も基本的条件となります。
これまで薬剤を中心とした防除が実施されてきましたが、近年、薬剤耐性菌の出現などにより、防除効果が低下する事例が発生しています。また、適用農薬のない病害虫もあることから、種芋を無病化する新たな防除技術の開発が必要となってきました。

img_konnyak...

当社では平成17年度より、群馬県農業技術センターと共同開発を進め、農薬を使わずに種芋(生子)を消毒する方法(温湯消毒)を実用化しました。この技術は、1度に最大約100kg(あかぎおおだま棒状生子の場合)の処理が可能で、50℃のお湯に所定時間種芋(生子)を浸すことで、種芋伝染する病害虫を同時に防除でき、農薬使用と同等の防除効果を得ることができます。

img_konnyak...YSG-1000.jpg

 

このページの先頭へ